底質の希釈は困難だという話を書きました。ならば、かなり汚染された底質では、10日後の致死率とかではない、感度の低い(?)別の指標を使ってみようぜ、という論文。

DeFoe D.L. and Ankley G.T., 2003, Evaluation of time-to-effects as a basis for quantifying the toxicity of contaminated sediments, Chemosphere, 51 (1), 1-5.

 その指標が、死に至るまでの時間(time-to-death)だそうです。ほとんど読んでないです。しかしChemosphereでも、図2つのこの程度の分量で掲載されるんですね。10年も前だからでしょうか?