あれだけエモエモ言ってた時代が、また変わってきたんだな。

90s〜00sのemo勢の音は大好き。

the get up kidsも、jimmy eat worldも。doghouse recordsな音も。

その頃のイメージというか、red letter dayの頃くらいにはget up kidsなんてエモっていうよりも、最初聞いたときめちゃくちゃロックやんと思ったくらい。

自分にとっては初期alkaline trioだってエモいのだ。

でもって時代の流れか好きなバンドは解散したりとかして、ガシガシの革ジャンスリーコードパンクやゆるゆるガレージパンクやジタバタドタバタスケートパンクに、メロデックパンクなんて言われた音は、懐かしい部類になってしまい、徐々に買うリリースも減り、なんとなく音楽そのもの聞かなくなっていった。

 

それから時代は流れ流れて、90年代に聞いた音を栄養分にして育ったアーティストたちが今いるんだな。素晴らしいことです。

 

そんなわけで、heartsoundもmixtapesもcandy heartsもrvivrも、swellersだってみんな聴きたい!

みんななんていいバンドなんだと思いつつ、流通は十年前と比べてどのくらい進化したんだろう。

レコードショップは退化した気がするような。

Amazonはどうか。

 

自分、タイムスリップしてました。

そんな気分です。

 

商店街で勢いで買ったウクレレストラップがfamousのやつだった。ちょっと嬉しかったです。